コンサートマスター 後藤 龍伸(C)Kosaku Nakagawa

コンサートマスター
後藤 龍伸Tatsunobu Goto

1964年東京に生まれる。幼少時代をブラジルのサンパウロで過ごし、州立大学の特設講座にてヴァイオリン・和声・対位法を学んだ。1975年にサンパウロ市ベスト・アーティスト賞受賞。都立芸術高校を経て東京芸術大学入学。在学中にヴァンガード四重奏団を結成、ヴァイオリン、ヴィオラ、編曲、作曲を担当。1987年よりCOBAのライブやレコーディングに参加。1993年にカーニバルカンパニー・カメレオンオーケストラ(C3O)を橋爪恵一、山田武彦とともに結成、パスティーシュと即興の技巧を駆使した新しい様式を確立した。

福岡において、ミュージックステーション福岡特別講師を務め、リベルタ・グループで即興やジャンルを超えた演奏を展開。九大フィル、同OBフィル、福岡市民オケ、久留米市民オケ、その他のトレーナーを務める。2002年より3回にわたって、フィルハーモニア福岡の定期演奏会を指揮。2005年よりフッペル平和記念鳥栖ピアノコンクールの本選および受賞記念コンサートなどにて福岡室内合奏団を指揮。九州室内管弦楽団メンバー。

これまでに東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、新星日本交響楽団、九州交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを歴任。現在、日本センチュリー交響楽団コンサートマスター、名古屋フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターを兼任。

日本作編曲家協会、三島由紀夫研究会会員。名古屋音楽大学教授。

コンサートマスター 松浦 奈々

コンサートマスター
松浦 奈々Nana Matsuura

七歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学を首席で卒業、読売新聞社主催による新人演奏会に出演。

  • 第51回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学の部第一位。
  • 第54回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第三位。
  • 第15回宝塚ヴェガ音楽コンクール弦楽器部門第一位。

ヴァイオリンを故・工藤千博、原田幸一郎の両氏に、室内楽を徳永二男、毛利伯郎の両氏に師事。
在学中よりソロ、室内楽を中心に活動し、東京クヮルテットをはじめジュリアードQ、フェルメールQ、上海Q、バルトークQ、ギュンター・ピヒラー各氏など数々のマスタークラスを受講。
2007年にクァルテットNatsとしてトマス・ツェートマイヤー・クァルテットとサントリーホールにて共演、2009年にはJTアートホールにてレガーメ・クァルテットの第一ヴァイオリンとしてデビューを果たす。

これまでに「プロジェクトQ」第1章~4章、JTアートホール室内楽シリーズ、鎌倉ゾリステン、東京アンサンブル、オーケストラMap's、(財)地域創造公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム、宮崎音楽祭、NHKーFM『リサイタル・ノヴァ』等に出演。
2011年8月から2015年3月まで日本センチュリー交響楽団アシスタント・コンサートミストレスを経て、2015年4月より同楽団コンサートマスターに就任。

首席客演コンサートマスター 荒井 英治

首席客演コンサートマスター
荒井 英治Eiji Arai

桐朋学園大学で鈴木共子、江藤俊哉の各氏に師事、ジャンヌ・イスナール、ガブリエル・ブイヨンにもレッスンを受ける。1979年から新星日本交響楽団、1980年から東京交響楽団、そして1989年からは東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを歴任し、現在は東京フィルハーモニー交響楽団のソロ・コンサートマスター、2014年4月には日本センチュリー交響楽団 首席客演コンサ-トマスタ-に就任。

1992年モルゴーア・クァルテット結成に参画、ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全15曲に取り組み注目を浴びる。その後も古典派と現代曲を組み合わせた独自のアプローチを展開し日本を代表する弦楽四重奏団としての地位を得る。1998年に第10回「村松賞」、2010年度「アリオン賞」を受賞。2012年にはプログレッシヴ・ロックへのオマ-ジュである《21世紀の精神正常者たち》 、2014年には《原子心母の危機》をリリ-スして話題となる。

また、ソリストとしてもベ-ト-ヴェンからショスタコーヴィチ、グバイドゥ-リナ、リゲティに至る数多くの協奏曲を秋山和慶、大野和士、ルドルフ・バルシャイ、ヤーノシュ・コヴァーチュ、井上道義等と協演している。2005年にはV. フェドセーエフに招かれ、モスクワにてモスクワ放送交響楽団と共演した。

現在は東京音楽大学で教授として教鞭を執り、後進の育成にも力を注いでいる。

アーティスト・イン・レジデンス

アーティスト・イン・レジデンス ピアノ 小山実稚恵

アーティスト・イン・レジデンス
ピアノ
小山 実稚恵Michie Koyama

人気・実力ともに日本を代表するピアニスト。チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールの二大コンクールに入賞以来、今日に至るまで、コンチェルト、リサイタル、室内楽と、常に第一線で活躍し続けている。

2006年~2017年の“12年間・24回リサイタル・シリーズ”は、現在全国6都市において進行中。
2015年にはデビュー30周年を迎えた。

また、ショパン生誕200年にあたる2010年のショパン国際ピアノコンクールを始め、チャイコフスキー、ロン=ティボー、ミュンヘンなどのコンクールでは審査員を務める。
2011年の東日本大震災以降、被災地の学校や公共施設等で演奏を行っている。さらに、小山が企画立案し、ゼネラル・プロデューサーを務める『こどもの夢ひろば “ボレロ”~つながる・集まる・羽ばたく~』と題した永続的なプロジェクトが、仙台において2015年夏よりスタート。
CDは、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと専属契約を結ぶ。
最新CDは、28枚目の『シューベルト:即興曲集』で、前作『ヴォカリーズ』、『シャコンヌ』に続き、3作連続で「レコード芸術」の特選盤に選ばれる。

これまで、2005年度 文化庁芸術祭音楽部門大賞、2013年度 東燃ゼネラル音楽賞洋楽部門本賞ならびにレコード・アカデミー賞(器楽曲部門『シャコンヌ』)、2015年度 文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞している。

このページのトップヘ