Touch The Orchestra 感想文

Touch The Orchestra 感想文

ぼくはオーケストラで一番よかったのは、トランペットです。ぼくはそれからトランペットが欲しいと言い続けていました。 そして、今週の土曜日に千里中央の楽器屋に行ってトランペットを見に行く予定です。買えたら買いたいです。ぼくは、買えればいいなと思います。 トランペット吹きたいです。

(6年生・男子)

楽器をたくさん触ったり、吹いたりできたので正にTouch The Orchestraだなと思った。 楽器の吹き方や弾き方をやさしく上手に教えてくれたのでとても嬉しかった。

(5年生・男子)

なんか音の振動で体の中が振動しました。ホルンが吹けた時は本当に嬉しかったです。 どんどん友達が吹けているのに、自分だけできなくて恥ずかしかったけど、コツを教えてもらったらとても上手く吹けました。

(6年生・女子)

舞台に上がってティンパニの前で音楽を聞いてすごい迫力でした。中学生になったら吹奏楽部に入ってみたいと思いました。

(6年生・女子)

楽器に触れるコーナーでは普通は触れない楽器がいっぱいで「スゴーイ!!」と思いました。 だからいっぱい楽器に触って、オーケストラの打楽器のお姉さんと仲良くなりました。オーケストラの皆さんが優しくてよかった。 仲良くなったお姉さんとお母さんを換えて欲しいくらいです。

(6年生・女子)

音を出すのが難しかった。ぼくは少し吹くだけでも、5分から10分かかったのに、曲をずっと吹き続けるなんて、すごく練習したんだなと思います。

(6年生・男子)

オーケストラの中に入って演奏を聞きました。私はオーボエを演奏している人の所へ行きました。 演奏が始まると、私は「客席とは全然迫力が違う!」と思いドキドキしました。演奏中の指揮者の表情も初めて見ました。 時々私たちに笑ってくれました。

(5年生・女子)

演奏が終わった時「拍手を長くしているとアンコールがあるかも」という先生の言葉を思い出しました。 私はもっと聞きたくてアンコールをして欲しくなってずっと拍手をしていました。周りを見るとみんな同じでした。

(5年生・女子)

さわってみようのコーナーで木管楽器や弦楽器などいろいろな楽器をさわってとてもうれしかった。 バイオリンをさわってひいてみて、お兄さんに「うまいね。」と言われてうれしかったです。 将来、バイオリンがうまくなって、世界デビューしたいです。

(6年生・女子)

私は、中学生になったら「吹奏楽」をやろうと決めました。 ピアノや歌もいいけれど一人一人が違う楽器で、一人一人が違う音を出しながら、 一つの音楽を作り上げてゆくということのすばらしさに触れて自分自身でやってみたくなったからです。 そして、いつか私も、「大阪センチュリー交響楽団」の方たちのように、聞く人に音楽の楽しさやすばらしさを伝えられるような、 そんな、人に感動を運べるような、夢を与えられるような、感動と夢を運ぶ「郵便屋さん」になりたいと思いました。

(6年生・女子)

このページのトップヘ

 

  • 星空ファミリーコンサート
  • 府立病院コンサート
  • 特別支援学校コンサート
  • Touch The Orchestra

CD紹介